院内・設備紹介

外観

病院全景

駐車場(病院に直結)

 

入口(駐車場側)

入口(道路側)

2階

東芝80列CT装置 Aquilion

手術室(手術台2台、各種最新機器設置)

 

トリミング室

セミナー室

1階

1F

入口ロビー

 

受付

 

自動受付機

 

セミセルフ精算機

 

 

犬待合室

 

猫待合室

診察室(全5室)

 

処置室

 

レントゲン室

検査機器

 

 

入院室(ICU全18床)

 

 

入院室(ICU全18床)

地下1階

2F

B1F

最新の医療設備

当院は最先端の医療機器と万全の医療設備を整えております。

最新の医療設備

最新80列マルチスライスCTスキャナ

世界最小0.5mmスライス、低線量撮影などを可能とした最新の80列マルチスライススキャナ「Apuilion PRIME Focus Edition」です。検査時間が短く、軽い鎮静での撮影が可能で、ペットへの負担も最小限です。頭部、胸部、腹部、骨疾患など、全身の診断に効果を発揮致します。

診察室

診察室は全5室、各部屋にモニター画面を設置し、レントゲン画像、超音波画像、顕微鏡画像を確認できます。
電子カルテも導入していますので、既往歴や過去のデータを保存、共有することで、よりスムーズな診療・診断につながります。

手術室

麻酔モニター、人口呼吸器をはじめ、内視鏡、超音波凝固装置など各種最新機器を設置しております。

全身麻酔下での、さまざまな検査・手術に対応が可能です。

ICU(集中治療室)

ICU(集中治療室)は、温度・湿度・酸素濃度の完全管理が可能です。

あらゆる危篤状態の動物の治療・管理・維持に必要な装置で、動物の治癒力を最大限サポートします。

デジタルX線装置

デジタルX線画像診断装置を用いる事で、撮影から画像表示までわずか数秒で完了いたします。

これにより動物の検査に対する負担が最小限に抑えられ、また、迅速な診断も可能となりました。

医療器具

血液化学検査器

CRP測定装置

尿化学分析装置

院内検査情報管理システム

デジタル超音波診断装置 HI VISION Avius

内分泌検査器

血管シーリングシステム COVIDIEN FORCETRIAD

歯科ユニット Airvets DC51

犬・猫手術NAVI@福岡

side_inq.png